つくる、植える、育てていく。風景を生む手しごとの数々。

植木が商品になるには最低3年。
つくり手の技術が植栽後の生育も左右します。

水くれ3年、根巻き5年。植木づくりの基本、適切な量の水を与えられるようになるには3年かかると言われています。「根巻き」とは植木の出荷時に行う、根元の周りを掘り袋で根を包むこと。植栽後の生育を左右する根巻き。その技術が一人前になるには5年の鍛錬が必要です。植木が商品になるまでにかかる月日は、小さなものでも3年。どう育てられ、どう出荷されるか。技術によって品質が変わるからこそ、生産者は常に技術の向上に努めています。

暮らしの風景、庭は1本の植栽で変えられる。

定石や侘び寂びを重んじる日本庭園、里山を再現する雑木風など、一言で庭づくりといっても様々な種類があります。同じように、庭をつくりたい方にも様々なご要望があります。だからこそ千代田町の造園業者が大切にしているのは、お客様が思い描く以上の庭を実現すること。例えば、小さな庭でも草花だけでなく、1本の大きな木を植えることで、何気ない庭も癒しをもたらす風景に変えることができます。

庭づくりに完成はない。
お客さまとともに、ずっと育てていく。

庭はつくった後、日々の水やりや定期的な剪定など適切に管理することが大切です。千代田町の造園業者はお客様に手入れ方法をご説明するのはもちろん、時折様子を伺いに行くこともあります。木々の状況やお困りごとはないかを確認し、コミュニケーションを取り合える関係を築き、手掛けた庭をお客様と一緒に育てていく。そんな庭園管理を目指しています。