マキ

高木

種類 常緑樹・針葉樹・高木
樹高 1.5〜10m
用途 シンボルツリー(散らし玉仕立て)・生け垣
花期 4月〜6月
植え付け 4月〜5月・8月(下旬)〜9月
剪定 5月・9月〜10月
分布地域 九州・四国・本州・沖縄
必要な日照 多い・普通・少ない

和の樹姿は海外でも人気

丈夫な性質を持つことから、庭木や生け垣として広く用いられる針葉樹。
散らし玉仕立てのマキは、シンボルツリーとして庭園を引き立てます。
10月には熟した甘い果実を食べることができます。

植えるのにオススメの庭タイプ

植木職人直伝!お手入れのコツ

水やり
根付いたあとは、必要ありません。
肥料
2月・8月は油粕と骨粉を混ぜたものを株のまわりに浅くすき込んでください。
剪定
寒さに弱い性質があるため、晩秋までに剪定しましょう。伸びすぎた枝やヤゴは切り落とし、樹形のラインに沿って刈り込んでください。
病害虫対策
アブラムシ・カイガラムシなどがつくため、薬剤防虫を行いましょう。カイガラムシを見つけた場合はブラシなどで、こすり落としてください。