キンモクセイ

高木

種類 常緑樹・高木
樹高 3〜10m
用途 公用樹・庭木・生け垣・芳香を楽しむ
花期 9月〜10月
植え付け 4月〜5月・6月・9月〜10月
剪定 2月〜3月・10月
分布地域 九州・四国・本州・沖縄
必要な日照 多い・普通

花が香る千代田町のシンボル

ギンモクセイの変種で庭などに広く植えられています。
10月になると葉のわきに橙黄色の小さな花を多数束生して、強い芳香を漂わせるのが特長。
キンモクセイは千代田町のシンボルとして町民に親しまれています。

植えるのにオススメの庭タイプ

植木職人直伝!お手入れのコツ

水やり
地植えは根付けば水やりは不要です。鉢植えする場合は土の表面が乾いたら、たっぷりと水を与えましょう。
肥料
2月は骨粉や鶏糞、草木灰など、リン酸やカリが多く含まれたもの、5月と開花前にはリン酸の多い化成肥料を与えましょう。
剪定
円筒状に刈り込むのが一般的。枝を抜く、すかし剪定を行うのがおすすめです。
病害虫対策
病害虫は比較的少ないが、風通しが悪いとカイガラムシやハダニがつく場合があるので要注意。